首の後ろが痛い 右側

右側の首の後ろが痛いのは姿勢のせい?

  スポンサードリンク

首の後ろが痛いことって、結構多くの人が経験したことありそうです。

 

特に重大が病気が隠れているとき意外は、どうしても疲れかなぐらいに思ってしまいます。

 

特に右側に腫瘍があったりすると痛みは右側に偏ります。

 

もちろんその腫瘍が悪性の癌だったりすることもあります。

 

特に頸椎にはリンパ管がたくさん集まっているので、そこに癌ができたときには頸椎のその部分が痛みます。

 

もちろん悪性のものではなくリンパ管にできた腫瘍ではなく、首の右側の皮膚の中に出来た良性の腫瘍の場合もあります。

 

その場合でも首の痛みは起こります。
この判断は医師に任せるようにしましょう。

 

またいつもの姿勢など癖があるために、首の後ろの右側が痛いということもあります。
例えば右利きの人が長い間パソコンなどを打っていたりする場合、姿勢が悪いと右側の首の後ろが痛くなります。

 

特に首を右に傾ける癖があると、それを知らずに長くやってしまうので、頸椎の血管やリンパ管が圧迫され、ひどい痛みやだるさを感じることもあります。

 

このように右に偏った姿勢を取ってしまうことによって、頸椎椎間板ヘルニアになったり、いろいろなことにも影響を及ぼします。

 

いつも右側の首の後ろだけが痛いというときには、やはり自分だけの判断より病院に相談したほうがいいかもしれません。

 

脂肪の塊がある場合などは、小さいうちに切ってしまった方が施術は簡単にできます。
大きくなってしまうと入院の必要な手術になることもありますので、早い発見、早い治療を考えるようにしましょう。

 

  スポンサードリンク