首の後ろが痛い 子供

子供の首の後ろが痛いときに考えられることは?

  スポンサードリンク

子供の首の後ろが痛いというときに、どんなことが考えられるでしょう。

 

まず他の症状がなく、朝起きたときに首の後ろが痛いと言うときには寝違いと言うことも考えられます。

 

特に子供は寝相が悪いので、辺な格好をしたまま固まっていると頸椎のところの血管の圧迫によって首の後ろが痛くなったり筋肉痛が起こったりします。

 

また熱があるときにで、夏外に出ていたときなどは熱射病、熱中症の危険があります。

 

 

すぐに冷やしたり水分補給をし、ひどいときにはすぐに病院に連れて行きましょう。

 

また風邪などで高熱があり首の後ろが痛いと子供が訴えたときには、風邪のウイルスが頸椎内に入り込んだということがあり、髄膜炎の疑いもありますのですぐに病院に行きましょう。

 

また子供の場合は運動も激しいので、首を強く打ったりひねったりしたことが過去数日前にあったとしたら、頸椎挫傷などの場合もあるので整形外科で検査した方がいいかもしれません。

 

特に子供の場合は小さい痛みは、すぐに他のことで気が紛れて感じないものですが、ずっと訴えるときには何か異常があると考えた方がいいようです。
小さい子供ほど、痛みを訴えたときには結構強い痛みがあると判断すべきです。

 

まず子供に天井を向かせたり、へそをのぞき込ませどちらも痛いのか確かめてみましょう。
痛みが結構あるようなら、すぐに病院に行った方がいいでしょう。

 

大人のように頸椎椎間板ヘルニアや頸椎症などはあまり感がえられないので、逆に重大な何かによって起こっている場合も考えられます。

 

  スポンサードリンク