首の後ろが痛い しこり

首の後ろにしこりがあるのって・・・

  スポンサードリンク

首の後ろが痛いということがあっても、そこにしこりがある場合はとても心配になってしまいますね。

 

もともと頸部はとても大切な部分で、頭部と胴部をつないでいる場所です。

 

血管や神経などが集まっているところのわりに、脂肪がついていない守りの少ない部分です。

 

ある意味人間にとって急所だともいえそうです。

 

そのようなところなので、ちょっとした変化もすぐに気付く場所でもあります。

 

ちょっとしこりができただけでもすぐに異常を感じ気になってしまいます。
そんなしこりができたときに、どのようなことが考えられるのでしょうか。

 

しこりは専門的には腫瘤といいますが、いわゆるコブや腫瘍のことです。

 

特に頸部の腫瘤の場合8割が腫瘍で2割が炎症です。
その腫瘍の中の悪性腫瘍は、首より他からの転移ということが多いようです。

 

もちろん癌などの悪性腫瘍の可能性は少ないので異常に心配をすることはありません。
しかし、可能性はあるものなので、きちんと検査なり医師の相談をするようにしましょう。

 

また炎症の場合でもこの位置の炎症で雑菌がはいると脳への感染を注意しなければなりません。
できれば抗生剤などで炎症を早く治すことが重要になります。

 

また悪性ではなくても放っておくとどんどん大きくなり、切るのも大変な手術になることもあります。
神経やいろいろな物が集まっているところなので、なるべく小さいうちに切り取ってしまう方がいいものもあります。

 

例えば脂肪がたまってできるしこりなどが、そのようなものの代表的なものになります。

 

  スポンサードリンク